<>

PROFILE
profilephoto
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
♪♪♪掲載・受賞のお知らせ♪♪♪
2014年5月〜2015年5月 毎月2回学研ママノートさんにて「デコ弁パーツ」弁当を掲載・2014年7月 絵本ナビ【第一回絵本ごはんコンテスト】『もろこし枝豆コロッケ 11ぴきのねことあほうどり部門賞受賞』・2013年7月 学研「ママノート」さんサイト 幼稚園お弁当掲載「キラキラアイスカップおにぎり弁当」「マリンのりごはん弁当」・2013年ハウス食品さん スパイス大使に任命。1年間ハウス食品さんスパイスを使ってブログに掲載。 ・2012年12月 タカナシ乳業 【タカナシ乳業さんの生クリームを使ったおいし〜いレシピコンテスト】『みそ汁ストックで♪♪みそ胡麻クリームスープ クリームちょい足し部門賞』  ・2012年12月 サントリー 【自家製フルーツブランデーコンテスト】『栗とあずきのフルーツブランデー 作ってたのしい自家製フルーツブランデー部門賞』 ・2012年11月 サントリーホームページにて、『お友達オリジナルレシピ』フルーツブレンデーレシピ9品掲載 ・2012年11月 がんばれこそだてのサイトで『簡単えびしんじょう』レシピ掲載 ・2012年10月 がんばれこそだてのサイトで『かぼちゃのメープルいもようかん』レシピ掲載 ・2012年9月 日本缶詰協会主催 【缶詰・びん詰め・レトルト食品でつくろう!ご当地レシピレシピコンテスト】『北海道産ごろっと野菜のスープカレー 優秀賞』 ・2012年1月号 アカチャンホンポFREEマガジン『赤ちゃんBonjour Ach』にてクリスマスケーキ掲載 ・2011年10月 cotta×レシピブログ『【第4回】ハロウィンパーティにぴったりなお菓子やパン』 『かぼちゃのメープルいもようかん 優秀賞 』 ・2009年10月 日本食研【秋の晩御飯レシピコンテスト】『デミグラフォンデュ 短時間で簡単部門賞』 ・2009年10月 アメリカンポーク【愛デアレシピコンテスト】本選出場(明治屋にてレシピ披露)
ランキング
参加してます。 1日1クリックずつお願いします♪♪      にほんブログ村 料理ブログ フードコーディネーターへ スパイスブログ認定スパイス大使2013
スパイスブログ認定スパイス大使2013
ayano料理ランキング
MOBILE
qrcode
<< 幼稚園弁当♪♪野菜ジュースdeシーフードパエリア弁当 | main | とうがんのあさりあん >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
美味しいマグロカマの煮付け方♪♪

こんにちはayanoです。

連休の休み明けから、息子くん幼稚園をお休み。高熱&喉の痛みを訴えてました。
熱は一日で下がったので一安心だけど、喉が痛いみたいで、食事がのどに入らず・・・。
一日で痩せてしまった感じ・・・。
かわいそうに・・・。
できる事なら変わってあげたいものです・・・。


さて、今日は誰でも美味しく作れる煮付けの仕方を公開♪♪
美味しくなる秘訣は
◎水を一切加えないでお酒いっぱい
◎煮る時間は最小で後は火を止めて味をなじませる

がマグロカマを上手に煮付けるポイントです。


煮詰め過ぎて味が濃くなってしまった場合だけお水を足して調節。
煮る時間は片面5分ずつの10分程度。大きさが小さければ8分位でも。後は余熱でじっくり火を通し、味を身の方まで浸透させます。

煮物と一緒ですね。冷めた時に味がしみるのもです。魚の煮付けは煮すぎると身がパサパサしてしまい美味しくないです。

マグロカマの煮付け
材料(4人分)
マグロカマ 小さめ4個
しょうが 1/2カケ
★酒 300cc
★さとう 大さじ4
★しょうゆ 50cc

作り方
1.マグロのカマに熱湯をかけボウルに水を入れた中で血合いやよごれを落とす。(霜降り)
2.★印の酒を煮立て、煮立ったらとう・しょうゆを加えカマ・薄切りのしょうがを加え、強火~中火で片面5分ずつ煮る。(煮詰まり味が濃くなりすぎたら水を少し足して調節する)





 
| 和食 | 01:45 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 01:45 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ayanosweets.jugem.jp/trackback/708
トラックバック